マーケットの動意

やっと投資すると時という段階では何よりも事前対策を横着してはいけません。

 

相場に入る前であれば起こる事を理性的に観察する事ができる余地があります。

 

だがしかし、一回相場の内部へ飛び込んでしまうとどうしても受け取り方が主観的になる事が多く、往々にして冷静な判断を下せなくなるリスクを負います。

 

そのために己の客観的な段階でちゃんとした準備する事が大切です。

 

"準備"のためには、はじめはあなたのストーリー展開を作成する事から始めます。

 

将来のこの通貨はああだから、この外貨を買う(あるいは売る)というように、自分なりのストーリー展開を考えていきます。

 

次に大切なのは為替チャートをチェックしよう。

 

それまでの為替相場の値動きを見極めて、チャートを見ます。

 

そうしたら、「現時点ではなかなか偏った場面である」など、他には「大多数の投資家が売買しているから、今から大急ぎで売買してももはや手遅れだな」ということが納得できます。

 

当然ですが今さらエントリーするのが間に合わないなと感じたら、手を出さないで、この状況ではきっぱりと諦めることが大事です。

 

どうしても自分の台本を押し通そうとして、吹っ切らずに新規エントリーすると、マーケットに押し返されてしまい、それどころか損をすることになる危険性があります。

 

もっともかなりの場合では準備万端の自分のストーリー展開を描いていると、買い(または売り)がやりようがないという状況にはなりません。

 

おそらく、具体的にマーケットが動意する前のはずだからです。

 

次に、差し当たり自分が取引しようと考えているポジションの上下動を注意深く点検する事が不可欠です。

 

もし、ドル高になるだろうという台本を描いたのであればドルの変化に注目する事が大切です。

 

市場の上げ下げを注目し始めた場面では、まだまだその通貨ははっきりと上下動する素振りを見せないで上がったり下がったりちょっとした上下動を繰り返しているだけでしょう。

 

ところが、その動きを注目していると、ある位置で少しずつ、ドル高へと外国為替市場が向い始めます。

 

このタイミングで初めて、ドル買いのFX取引します。

 

注意深く準備を進めておけばその注文で勝利する割合はかなり大きくなるはずです。